オナ禁効果で人生を動かす|リセット知らずへの道

リセットによる影響の違い|オナ禁リセットとセックス


どうも、なりおです。

 

近頃、セックスとマスターベーションによるリセットはどう違うのか、

という質問をよく受けます。


それについて知るには、人間の体の仕組みを知らなければいけません。

そして、知れば知るほど、全ての体の器官は、

正しく使うに越したことはないのだと分かってきます。

 

つまり、

セックスのほうが害は少ないです。

 

 

なぜセックスの方が害は少ないと言える?

 


まず、愛する人とのセックスでの射精に精神的な罪悪感や

自己嫌悪はありません。

 


なぜなら、愛する人とのセックスは、

セロトニン(幸せを感じるためのホルモン)

が分泌される一方、

オナニーするとセロトニンが減少するからです。

 

また、ウィルキス大学の研究で、

セックスによって、体を守る抗体(lgA)が

高まることがわかっています。

 

免疫力が向上し、病気に強い体になるのです。

 


つまり、愛する人とのセックスは、

あなたの幸福感や健康につながっています。

 


そして、(一概には言えませんが)

オナニーによる射精は、

あなたの不安や病気につながっています。

 


しかし、だからと言って

セックスなら好きなだけやってもいいとも言えません。

 

 

もちろんセックスでも失うものはある

 


セックスでの射精もマスターベーションと同じく

テストステロン(男の魅力を上げるホルモン)

の数値は下がりますし、

精液はもちろん分泌されるわけですから、体内の

オナ禁効果必須ミネラルである亜鉛、タンパク質が減少します。

 


そもそも

 


生命を授かるというとんでもない行為において

何も失うものがないなんてことはまずありえません。

 


人間以外の例を引き合いに出すのは筋違いかもしれませんが

参考までに紹介させていただくと、

 


雄のライオンは

雌ライオンが発情すると日に数百回と射精をするそうです。

ただし、雄ライオンは1日に20時間の睡眠をとります。

百獣の王にしてみても、射精にかかる負担は

それだけ、大きいものなので命がけの行為なのだそうです。

 


キリンの性行為は一瞬で終わります。

理由は性行為による疲労で肉食獣に捕食されないためです。

射精による疲労は人間だけじゃないようです。

 


ほとんどの動物はメスの発情期に合わせて交尾します。

それも1年に1~2度というのがほとんどです。

 


つまり、あなたが「セックスならOKだ」

という理由で毎日毎日セックスしていたら

あなたの気づかないところで

仕事や人間関係上の弊害が表れるかもしれません。

 


私は毎日セックス三昧の生活をしたことはないですが、

したいとも思いません。

 


万が一、性欲をコントロールできなくて

自分の奥さん以外の人と関係を持ってしまい

積み上げてきた家族との信頼関係を失うことの方が

私にとっては恐ろしいです。

 


私は比較的オナ禁歴が長いので

あなたとは価値観が違うかも知れませんが、

性欲を満たすためだけのセックスは

体が疲れてもいないのに惰眠にふけるような

虚しさを感じます。

 


セックスや女性のお世話になるのなら

リセット扱いにはならないと考え、

性サービスにお金を落とす人がいます。

本当にオナ禁効果や性欲コントロール力を得たいなら

風俗通いも控えたほうがいいでしょう。

 


オナ禁効果によって、性欲という色眼鏡が薄くなり、

本当に愛を注げる女性を見つけることができます。

何よりも、

幸せなセックスをした方が心身ともに健康でいられます。

 


あなたのオナ禁が実りあるものになりますように。

 

今回のまとめです。

 

・愛する人とセックスする方があなたは心身ともに健康になれる。

・命を授かる行為で失うもの(害)が無いほうがおかしい。

・オナ禁効果で真に愛する人を見つけ、セックスするのがベスト。

 

 

 

オナ禁を続けるにも、オナ禁効果を体感するにも

亜鉛を摂っていると心強いです。

オナ禁に亜鉛がどれだけ重要か知らないと時間を無駄にします

詳細は『オナ禁失敗の8割は亜鉛不足が原因』で説明しています。

 

 

 

 

 


 

カテゴリー別全記事一覧はこちら


↓↓ ご意見・ご感想は以下コメント欄よりお気軽にどうぞ! ↓↓





CAPTCHA


現在コメントはありません。

カテゴリー

S評価(非常におすすめ)

A評価(おすすめ)

管理人プロフィール

なりお

名前:なりお

 

常習化した自慰行為で苦しむ人と関わりながら、 オナ禁によって変わった人の姿を目の当たりにする。 日本や海外のオナ禁への捉え方や研究結果を調べ、 オナ禁には、自分と他人の人生を守り、人間のもともとの力を引き出す力があることを確信。

 

○2015年3月

・当ブログ設立

ブログ理念はこちら