オナ禁効果で人生を動かす|リセット知らずへの道

リセットしそうなときに考えること

イメージ

 

どうも、なりおです。

今回は短めの記事です。

多くのオナ禁者はリセットした後のデメリットばかりを考えてしまいます。

「リセットしたら今まで積み上げてきたものがパーになってしまう……!」

「今ここで抜いたら、明日は合コンで誰とも自然に会話できない!」

「明日は早起きしなきゃいけないし、絶対に抜いちゃだめだ……!」

 

リセットした状態をイメージするのは必ずしもいいわけではない


それらを考えるのは悪いことではありません。

リセットのデメリットを考えるのはオナ禁を続ける上での原動力にもなるからです。

しかし、問題なのは、リセットした後の負のイメージで頭がいっぱいになっていることです。

リセットしてしまった自分の姿だけをイメージすることの大きなデメリットは

 

結局射精してしまうことが多いことです。

 

『負ける負けると思えば負け、勝つ勝つと思えば勝つものなり。
負けると思いて勝ち、勝つと思いて負けることもあれど、人には勝つものと言い聞かすべし。』

これは百姓から日本のトップまで登りつめた豊臣秀吉の言葉です。

 

この世界の一つの真理の中に、「成功すると思ったら成功する。

失敗すると思ったら失敗する」というものがあります。

 

成功哲学の中でも基本中の基本です。100%現実になるわけではないにしろ、イメージというのは、あなた

の望みに関わらず、現実に作用します。

あなたの性欲が高まったときにリセットしたときの姿を想像してしまうことは、

まさに自分の敗北を支持しているようなものです。

リセットに対する不安があっても私たちが優先して考えるべきものは他にあります。

 

射精欲が高まってきたときにすること考えること

 


深呼吸まだ射精欲がない勃起の初期段階の場合は運動)しながら、

オナ禁を達成した後に待っている自分の姿を思い浮かべることです。

そして、自分が射精したいことを認めてしまった方がいいです。

 

よく、オナ禁者の中には「俺はオナニーなんてしたくない」と性欲を否定する方もいます

しかし、確かに感じている性欲は否定するよりも肯定したほうがいいです。

自分の性欲や「射精してしまいたい」という衝動を認めた上で、自分の理想の姿と天秤にかけるのです。

 

つまり、

 

「俺は射精したいし、射精したらすごく楽になって、一発で頭の中の性欲が消え去って楽になる」と、

まずリセットしたときのメリットも認めて

「でもここで深呼吸し、運動したら、性欲とペニスは鎮まって、

今まで通りオナ禁効果を高めることができる。」

(アバウトに書きましたがメリットは具体的に想像してください)

というリセットを回避できた時のメリットも考えます

 

そもそも、性欲の引き金を引かないことが重要なのですが、

脳の働きを完全にコントロールするのは非常に難しいです。

したがって、リセットの恐れがあるときは決まって正直でいた方がいいように感じます

リセットしたときのメリットを認めつつ、自分の求めるオナ禁の先の理想を選ぶのです。

 

もし、その二つを天秤にかけ、リセットを選んでしまっても必要以上に気落ちしないことも大切です。

気落ちするよりも、悔しさをばねにして、対策と個人的なパターンの傾向を分析した方がいいです。

しかし、言うまでもないことですが、誘惑を受けそうな場所へは近づかないこと

リセットのパターンの一歩目を踏まないことが一番優先にしなければいけません

性欲が落ち着いてきたときの、自分の耐久力に対する好奇心がリセットに繋がることも多いです。

 

まとめ


リセットしそうな瀬戸際に立った時に、マイナスのことをしまうのは極めて自然なことですが、

そんな時こそ、ゆっくり深呼吸し、明るい未来を考えるようにするといいです。

 

 

オナ禁を続けるにも、オナ禁効果を体感するにも

亜鉛を摂っていると心強いです。

オナ禁に亜鉛がどれだけ重要か知らないと時間を無駄にします

詳細は『オナ禁失敗の8割は亜鉛不足が原因』で説明しています。

 

 

 

 

 


 

カテゴリー別全記事一覧はこちら


カテゴリー:オナ禁が続かない……

↓↓ ご意見・ご感想は以下コメント欄よりお気軽にどうぞ! ↓↓





CAPTCHA


現在コメントはありません。

カテゴリー

S評価(非常におすすめ)

A評価(おすすめ)

管理人プロフィール

なりお

名前:なりお

 

常習化した自慰行為で苦しむ人と関わりながら、 オナ禁によって変わった人の姿を目の当たりにする。 日本や海外のオナ禁への捉え方や研究結果を調べ、 オナ禁には、自分と他人の人生を守り、人間のもともとの力を引き出す力があることを確信。

 

○2015年3月

・当ブログ設立

ブログ理念はこちら