オナ禁効果で人生を動かす|リセット知らずへの道

古代から受け継がれてきたオナ禁効果を上げる方法

つらら

 

どうも、なりおです。

 

睾丸(金玉)を邪魔に思ったことってありませんか?

 

ペニスはいいとして、

睾丸は蹴られると激痛が走るし、ぴったりしたパンツを履くと、

締め付けられるような不快感を味わうこともあります。

 

しかし、睾丸が外に出ている理由を知り睾丸を正しく扱えば、

あなたのオナ禁効果は飛躍的に上昇し、

リセットの被害も軽減することができるようになります。

 

それ以前に、睾丸が外に出ている理由を知らなければ、

気付いたら勃起不全無精子症になっていた

なんてことにもなりかねません。

 

 

なぜ睾丸は体の外に出ているのか

 

 

単刀直入に言うと、もし睾丸が体内に入っていれば元気な精子が作れないからです。

 

精巣が運動率の高い精子を作るための適温は31℃程度だと言われています。

一方、体内温度の平均は38度ほどだと言われています。

これでは、弱く少ない精子しか作れません。

 

したがって、男の体は、精巣を冷やすための工夫が凝らされているのです。

 

精巣を包む陰嚢(玉袋)は、しわしわの袋のような外見をしていますが、

これにも理由があり、しわを作ることで表面積を増やし、

熱を放出しやすくしているのです。

エンジンの放熱をするラジエーターという装置のような働きをしているのです。

 

長風呂をした後に、陰嚢がだらしなく伸びきっている様子を

男なら誰しも見たことがあるかと思いますが、

それは可能な限り陰嚢の表面積を増やし、精巣内の放熱をしているところなのです。

 

精巣では精子を作るだけでなく、

テストステロンといったホルモンの分泌まで担当する

内分泌器と呼ばれるとても大切な器官です。

 

骨や丈夫な皮膚で守られているわけでもないので、

蹴られでもしたら激痛が走ります。

そんな刺激に敏感な器官が理由なく体の外でぶら下がっているのには

やはり、理由があったんですね。

 

そして、この精巣の特徴と働きを知ることで、

あなたのオナ禁の方法と得られるオナ禁効果の質も変わってきます。

 

精巣の働きを人為的に活発にして、オナ禁効果を上げる方法があるのです。

 

 

金冷法(+α)でオナ禁効果を上げる

 

 

金冷法という言葉を聞いたことがありますか?

 

金冷法とは古代ローマに起源をもつとされる、

精力増強の手段の一つです。

 

現代ほど、正確な臨床データを取れなかった時代から、

今まで実践され続けている方法なので、体感は確実なものと思われます。

 

具体的な方法は後述しますが、ざっくりいうと睾丸を冷やし、温める、

という行程を繰り返すことで、精巣内の働きを活発にさせる、といった方法や、

普段から睾丸を温めないような下着や衣服を着用するといった方法があります。

しかし、明確な方法は特に定められておらず、人によって方法は違うようです。

 

どのような方法でも、睾丸を温めないようにするところでは一貫していて、

これから夏に向けて暑くなってくるので、金冷法を実践して体感を得るには

またとないベストなタイミングです。

 

体を冷やすことは、血行を悪くしたり代謝能力が落ちてしまうようなイメージが

ありますが、睾丸にとっては金冷法ほどありがたいことはありません。

 

想像してみてください。

真夏に冷房設備のない部屋にこもりきって仕事をしているときに、

エアコンが設置されるようなものです。

 

精巣内の仕事能率が上がることは間違いありません。

 

また、金冷法という名前からは分かりにくいかもしれませんが、

金冷法とは、単に睾丸を冷やすだけではなく、

睾丸を一時的に温める手順も踏んでいます。

そして、一時的に温めることこそ、金冷法に欠かせない手順なのです。

 

睾丸に限らず、人間の体は温めることによって

血管が広がり、血行が増進します

そこで、温まった部分を冷やすことによって、

アイシングの効果が働き、血管が収縮します。

 

この行程を繰り返すことにより、

血管の血液を送り出す力が鍛えられ精巣の働きがより活発化するのです。

 

体を冷やしたり温めたりする方法は、金冷法に限らず、

温冷浴」と呼ばれる健康法としても知られています。

温冷浴は肩こり、低血圧、むくみに効果がある他、

乳酸や老廃物、疲労物質を体外に排出するのを助ける働きもあります。

 

余談ですが、しもやけを治すときにも患部をこの方法が有効です。

 

そして、実はこの温冷浴金冷法と併せて行うことによって

オナ禁の効果はさらに上がります。

 

オナ禁効果は主に、アンドロゲン(テストステロン)といった

男性ホルモンに依存しているところが大きいです。

 

これらのアンドロゲンは精巣以外にも

副腎という器官でも作られている上、

副腎の働きが活発化すると、自律神経も安定するので、

自律神経の切り替えが重要なオナ禁にとっても大きな助けになります。

 

ただ、金冷法とは違い温冷浴は全身の血管の収縮と拡張を繰り返すものなので、

体に負担がかかります

このブログをご覧になっている方の中にはいないかと思いますが、

高齢者の方は控えた方がいいです。

若い健常者については何も問題ありませんのでご安心ください。

 

「全身はきつい」という方は、睾丸と副腎(みぞおちの裏あたり)を

温冷浴させるだけでも効果はありますので、お試しください。

 

 

金冷法の具体的なやり方

 

 

先述したとおり、金冷法には特に定められた方法は存在しません。

 

したがって、個人的な体感とネット上の報告によるものを検討し、

最も効果がありそうなものを提案しますが、ご自身の体感によって

方法を調節するようお勧めします。

なお、金冷法や温冷浴には即効性はありません。

習慣化して効果が現れ始めるものです。

 

『なりお式金冷法』

 

1.(入浴前が理想)冷水(10~15℃)のシャワーで睾丸を15秒ほど冷やす。

2.同じように副腎(みぞおちの裏あたり)を15秒ほど冷やす。

3.お湯に浸かり、ある程度体を温める。

4.1~3の手順を、冷やし4回以上、温め3回以上になるように繰り返す。

(必ず最後は冷やしになるようにする。)

 

この方法だと入浴時に合わせて行えますし、10分もかかりません。

 

また、金冷法で重要なことは、冷やすことより温めない工夫です。

入浴時に行う金冷法だけでなく、

普段から睾丸を温めない心がけをする必要があります。

例)

・ノートパソコンを膝の上に載せない

・スキニージーンズなど、タイトなズボンをはく回数を減らす

・通気性の良い下着を身につける

・寝るときに下着をはかない

 

好き嫌いが分かれるかもしれませんが、

ズボンが濡れない程度に下着を濡らす方法も、

気化熱で睾丸が冷えるため有効です。

 

金冷法をやるにしてもやらないにしても、

睾丸を温めない工夫はオナ禁効果以前に男として

生きていくうえで無視できないものです。

 

この情報が、あなたが楽しくオナ禁の効果を体感できる一助になれば幸いです。

 

質問や疑問があれば、問い合わせフォームからお寄せください。

 

 

まとめ

 

・睾丸が体外にぶら下がっているのは温度を低く保つため

・金冷法によって精巣が元気になりオナ禁効果が上がる

・金冷法だけでなく、睾丸を温めない工夫や意識も必要

 

オナ禁を続けるにも、オナ禁効果を体感するにも

亜鉛を摂っていると心強いです。

オナ禁に亜鉛がどれだけ重要か知らないと時間を無駄にします

詳細は『オナ禁失敗の8割は亜鉛不足が原因』で説明しています。

 

 

 

 

 


 

カテゴリー別全記事一覧はこちら


↓↓ ご意見・ご感想は以下コメント欄よりお気軽にどうぞ! ↓↓





CAPTCHA


現在コメントはありません。

カテゴリー

S評価(非常におすすめ)

A評価(おすすめ)

管理人プロフィール

なりお

名前:なりお

 

常習化した自慰行為で苦しむ人と関わりながら、 オナ禁によって変わった人の姿を目の当たりにする。 日本や海外のオナ禁への捉え方や研究結果を調べ、 オナ禁には、自分と他人の人生を守り、人間のもともとの力を引き出す力があることを確信。

 

○2015年3月

・当ブログ設立

ブログ理念はこちら