オナ禁効果で人生を動かす|リセット知らずへの道

ちょっとプラシーボ効果なめてません?|オナ禁効果と切り離せないプラシーボ効果

半強制的にムラムラを鎮める方法2 アイキャッチ

 

どうも、なりおです。

 

オナ禁効果はしょせんプラシーボでしょ?

たかがプラシーボ効果なのにオナ禁頑張ってるやつ哀れだな

 

オナ禁効果がプラシーボ効果ではなく、

根拠のある結果であることは、

このブログを読んでいるあなたならご存知だと思います。

しかし、それを踏まえたうえで申し上げますが、

 

プラシーボ効果をなめすぎてはいないでしょうか?

 

 

決して侮ってはいけないすごすぎるプラシーボ効果

 

 

「気のせい程度の効果」というイメージがどうしても拭えず、

馬鹿にされたり、実体がない効果、のように思われがちなプラシーボ効果ですが、

決して見過ごせない実歴可能性を持っています。


そもそも、プラシーボ効果とは、

薬効成分を含まない偽薬を薬と偽って投与された場合、

病状が快方に向かってしまうような、効果のことです。

 

気持ちや精神上の結果といった主観的な側面にとどまらず、

実際の血液などの検査値も変わってしまうことから、

単なる暗示効果ではないこともわかっています。

 

それだけに、生物学や心理学の中でも理解に苦しまれる分野で、

科学者や医者でも明確に説明はできていません。

 

プラシーボ効果の実例には以下のようなものがあります。

 

・実際に飲んでいたのはトニックウォーターとライムだったにもかかわらず、

ウォッカだと思い込んで飲んでいた若者は酔っ払い、

簡単なテストも解けず、IQも下がっていた。

 

偽薬によってうつ病が改善した。

 

・ぜんそくの患者を二つのグループに分け、一つのグループを

鉤虫症(かゆみを伴う寄生虫症)に感染させ、もう一つのグループには、

鉤虫症に感染したと錯覚させた。

(鉤虫症がぜんそくに効くという研究が進められているため。)

すると、実際に鉤虫症にかかったグループのみならず、

鉤虫症にかかったと錯覚したグループまでぜんそくの症状が改善された

 

偽手術(メスを入れるだけで何もしない)をした後、

手術が上手くいったと錯覚させると、病状が改善されることが、

実際に行われた実験で明らかになっている。

 

・目隠しをした死刑囚の手首に刃物を当て、ゆっくり水滴を垂らすと

死刑囚はその水滴を自分の血だと思い込み、死亡してしまった。

 

などなど、プラシーボ効果については例を挙げるときりがありません。

あなたも一度や二度は経験しているのではないでしょうか。

 

例えば、学校を休みたくて仮病を使ったとき、

本当に頭が痛くなってきたりお腹が痛くなったりと

体調を崩したことはないでしょうか(私はあります)。

これもプラシーボ効果の一つだと言われています。

 

これらは科学や医学では未だ完全に解明されていない、

「人間の可能性」です。

脳の底知れない力は、私たちのイメージを現実にする力を秘めています。

 

また、今回参考にしたサイト

(http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2013/04/1306.html)

では、飲んでいたのが偽薬と分かってからも

効果が現れなくなるどころか症状の改善が続いた、

という例まで挙げられていました。

 

しかし、それは一度、症状が快方に向かった

事実があったからこその結果だと個人的には思っています。

偽薬だったとしても症状が改善したことによって、

気持ちが上向きになったからではないでしょうか。

 

ここから私たちオナ禁者が学べることは、

オナ禁に「確信」は大きなプラスになるだけでなく、

確信しないと効果が現れなくなる可能性も出てくる、ということです。

 

 

オナ禁効果にプラシーボ効果を加えるには「確信」が何よりも大切

 

 

プラシーボ効果には、偽薬によって症状が改善する効果が多くみられますが、

同じように、偽薬に副作用があると思い込んでいた患者が、

偽薬を通して自分の体に悪影響を与えてしまった例も存在します。

 

それと同じことがオナ禁にも言えます。

 

オナ禁するうえで、

もしあなたがオナ禁は体に悪いという思い込みを捨てきれずにいるなら、

実際にはそんな影響はないとしても、

あなたが思い込む悪影響を、あなた自身の体に与えてしまう可能性があります。

 

もしかしたら、オナ禁者が一番気を付けなければいけないことは、

オナ禁にデメリットがあることを頭に入れないようにすることかもしれません。

オナ禁に関するデメリットや健康被害が頭をよぎる人は、

無意識に、オナ禁に対するマイナスイメージを持っている可能性があります。

 

ちなみに私は、オナ禁に毛ほどのデメリットがあるとも思っていません。

 

オナ禁には論文や科学的な根拠に基づいた効果が実在します。

しかし、半信半疑でオナ禁したところで、

その効果が現れないこともありうるということを覚えておいてください。

 

逆に言えば、根拠のない効果でも、あなたが信じれば、

それは現実になるのです。

 

だからこそ、オナ禁には「確信」が非常に大切なのです。

 

人間の脳はまだ10%も解明されていないと言われています。

あなたのイメージ力、妄想力、脳力には無限大の可能性があります。

今まで、いやらしいことやいかがわしいことを想像するのに使ってきた想像力を

今度は、人生を変えるために使う番です。

 

 

オナ禁に対してプラス思考を持つようにしよう

 

 

実際のところ、すでに持っているイメージや、常識に上書きし、

新たに何かを思い込むことは非常に難しいことだと思います。

 

しかし、可能です。

方法は様々です。

 

・医学神話と科学神話への信仰を捨てる

これらはまだまだ発展途上であり、絶対的な事実ではないと知ることです。

あなたが生きている間に、何回も常識が覆されるかもしれません。

科学や医学を絶対的なものとして扱っていたら、

そのうち足をすくわれる日が来ます。

(ただ、私個人としては科学雑誌や医療系の研究論文は大好きです。)

 

・政府からの情報は真実ばかりでないと知る。

他の記事でも書きましたが、性風俗産業はとても儲かります。

デリヘルだけで、2兆7000億円の市場規模です。

これは島根県の経済効果に匹敵します。

借金大国である日本にとってはこれ以上ない収入源なのです。

 

政府は日本国男児にマスターベーションをやめるようには決して言いませんし、

逆にこれからも推奨し、

オナ禁の害についての論文を書くように科学者を仕向けるでしょう。

これは日本に限ったことではありません。

どこの国でも性欲はお金になります。

 

そういったサービスが家庭を壊す原因になり、

慢性的に国力を弱めていることにはどの国もそろって目をつむります。

 

・とにかく体感を信じる

オナ禁に関する確信を深めるにはこれにつきます。

実際に自分の体の調子が悪くならず、オナ禁効果が現れていくのを

実感するのが一番手っ取り早いです。

理想を言えば3ヵ月。最低でも1ヵ月は続けるべきです。

 

・オナ禁に関して肯定的な意見や体験を取り入れる

掲示板なんかだとオナ禁効果を報告するスレッドが立っています。

できれば、否定的な意見には耳を貸さず、

肯定的な意見を集中して集めるといいかもしれません。

 

実は、オナ禁について肯定的な意見や効果報告のみを書き込むための

掲示板を作成しようと考えています。

 

なにやら宗教みたいで気持ちが悪いと思う方もおられるかもしれませんが、

オナ禁に対する確信が揺らいだ時に、

芯を立て直すための場になるかと思います。

 

少しでもオナ禁者の助けになれば幸いです。

 

 

まとめ

 

・プラシーボ効果を侮ってはいけない。

・オナ禁にプラシーボ効果を加えるには「確信」が大切。

・オナ禁に対してプラス思考になろう。

オナ禁を続けるにも、オナ禁効果を体感するにも

亜鉛を摂っていると心強いです。

オナ禁に亜鉛がどれだけ重要か知らないと時間を無駄にします

詳細は『オナ禁失敗の8割は亜鉛不足が原因』で説明しています。

 

 

 

 

 


 

カテゴリー別全記事一覧はこちら


↓↓ ご意見・ご感想は以下コメント欄よりお気軽にどうぞ! ↓↓





CAPTCHA


現在コメントはありません。

カテゴリー

S評価(非常におすすめ)

A評価(おすすめ)

管理人プロフィール

なりお

名前:なりお

 

常習化した自慰行為で苦しむ人と関わりながら、 オナ禁によって変わった人の姿を目の当たりにする。 日本や海外のオナ禁への捉え方や研究結果を調べ、 オナ禁には、自分と他人の人生を守り、人間のもともとの力を引き出す力があることを確信。

 

○2015年3月

・当ブログ設立

ブログ理念はこちら